スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぬばたま強化という事で

2016年1月22日よりTHE RECKLESS RAMPAGEが発売されました。
収録クランは<<ぬばたま>> <<スパイクブラザーズ>> <<たちかぜ>>の3クラン。
どれも慎重な立ち回りを要求され、やってる事は脳筋っぽいのにその実動かすのが何気に難しいデッキですね。
収録レアリティはGR3種(各クラン1種):RRR6種(各クラン2種):RR12種(各クラン4種)
1箱12パック入りで、GRはカートン(24箱)あたり9枚(各種3枚ずつ?)
1箱辺りから出現するカードは『RRR2枚 RR3枚』or『GR1枚 RRR1枚 RRR2枚』
SPについては、Rの枠を割くそうです(全部他所聞き)

で、今回はぬばたまについての考察を行おうと思います。
てか、ぬばたましか考察しません(断言)

で、今回のぬばたまの特徴としてはやはり何といっても残影という固有名詞能力の登場
●残影:相手がバインドゾーンからカードを手札に加えた時に発動。こちらの手札が6枚以下ならリアガードから自分の手札に戻る
この能力により何が変わるかと言えば、殴り返しの心配が減ります。
また手札を使ってもガードに使える手札の確保も行えるようになります。
手札が7枚あれば結構な攻撃を躱す事も可能でしょう。
とはいえ、G2の残影は手札に返ったところでシールドは5000。インターセプトもあるのでまあ、実際守りより殴り返し対策ですか
けれど、この能力の本領は登場時効果の使いまわし、超越コストになるG3をアタッカー利用できる、完ガでブーストなどなど
非常に有用な効果なのは間違いありません

さて、そんな残影ではありますが、これが実は今までのぬばたまとガラリと違った特徴を持っております
バインドするじゃん。何が違うの?とか思う人は…どんぐらいいるんでしょうね。アンケートは取りません
とりあえず、これについて簡単に説明すると、相手のカードをバインドした『その後』が従来型と大分違っております
何が違うのか、と言えばバインドした後にそのカードに触れるか否かというのが一番の違い
従来のぬばたまに置きましてはバインドしたカードを相手の手札に戻る前にドロップゾーンに送る。これを主軸に据えてました。
それが今回、残影の登場によってもうちょっとマイルドになりましたね
何がっていうと、従来は必至にバインドして、その後これまた必至にバインドしたカードをドロップに送る為に頑張ってました。
それが、現在の残影はバインド!で、目的達成です
もちろん、相手のバインドゾーンのカードをドロップゾーンに送る戦術も織り込んでますが、主軸ではなくなりました
これがかなり大きな変化になっておりまして、今までは血眼になってバインドゾーンへと送ってはドロップさせてたんですが、
今は本当にゆるくゆる~く軽い気持ちでバインドして、手札に戻してい~よ~^^って言えるんですね
うん、実に平和
たまにバインドゾーンからドロップするの要求するけど、カモジグサとかは相手に「選んでい~よ~^^」っていうゆるふわっぷり
代わりにCBコスト回復していくけど容赦なく「それとそれドロップね。Cip使いまわしとか許゛さ゛ん゛」なクロコとは違うのだよ

と、まあ、今回のメインで追加された能力残影については軽く説明するとこんな感じ
従来型だと下手すると相手にCip能力を使いまわさせてしまうリスクと隣合わせだったけど、
残影型ならこっちがある程度プレイングに気を使っていればむしろこっちがCip能力を使いまわす形になります
速攻についてはうまい事残影を使いこなせれば従来型と遜色なく、殴り返しに備える事も出来る為なかなか有用な印象です
代わりにタマハガネの需要が増し、手札枚数管理などの考える要素も増える事となりました

ちなみに、残影にばっかり触れてますが、従来型の強化カードも少ないですがちゃんとあるので修羅道を行く忍者さんもご安心を
そっちについても後で触れます

でもって、紹介を終えたとこでこっからが考察の本番となるわけなんですが、カード個別になりますので追記の方にしときます

続きを読む

スポンサーサイト

久々更新

はい、誰も待ってないと思いますが、また久方ぶりの更新です。
と言っても、今日は特に何…という事はなく、今日対戦をしていた時に思った ぬばたま の事についてですね。

本日、大ヴァンガ祭&大バディ祭に参加しまして、友人の協力の下、FC2015を6箱購入
ダクイレとクレイエレメンタル、レブナントは友人へと渡し、代わりに一部負担していただいて~って感じですね
まあ、それはおいといて…
今回の私の目的はズバリ、ゲダツラカンとジョウルリラカンの2枚でした。
そのついでにオバロAce手に入れば良いな、とは思いましたが、まあ、最終的に4枚手に入ってたので、かなり好調
その代わりなのかジョウルリラカンが2枚というちょっと悲しい結果…
いや、まあ、2回以上は多分使わないですし、大丈夫…多分
ゲダツラカンさんは6箱皆勤してくれたんだし←

で、そのまま、まあ、クランファイトに参加してきたわけですよ
ただ、参加が遅くて6戦する事すら無理でした()
ちなみに、6勝以上して初めてクランリーダーになれる資格が与えられるので、まあ、うん、クランリーダーは無理ですね
最初から参加してたらもしかしたらワンチャン?ってとこでしたが、まあ、終わった事を悔いても仕方ない

まあ、そんな感じでちょっくらテストがてらに5回だけ試合したんで、その中での感想になりますね
あ、その前に効果の処理なんですが、エンドフェイズに超越が解除されるものの、
超越ユニットの効果を処理するタイミングには待機状態らしく、
ジョウルリラカンの『エンドフェイズに修羅忍竜がハーツにあるなら』のテキストは問題なく発動できるそうです
なので、wikiにある説明文はまあ、気にする必要がないんだとか(ジャッジに聞きました)

そんなわけで、考察に入るのですが、ぶっちゃけ、ジョウルリラカンは超越してCB2払うだけで2アド確定
しかも、相手の手札を減らせるのでガードしづらくできてかなり有用
加えて、クジキリのBRも合わせれば相手の手札をターン中3枚減らす事も可能で、無理やりフィニッシュに持っていけます
よって超強い(キリッ

CB2は決して軽いコストではないものの、タイミングを考えれば良いだけなので問題というほど問題ではないです
場合によっては、ドレッドマスターを囮にするプレイングも考えられるかもしれない程度にかなり強いですね

で、ゲダツラカンも勿論強かったですよ
相手の手札3枚まで追い込んでのBR→超越でゲダツヒットからの(相手の)ハンドレス状態作成
からのリアガードラインの5点6点が入れられるので下手すりゃ詰みます
いや、前からかなり走ればその状態作れてたんですけどね
範囲が2枚から3枚に増えるだけでも大分違います
下手すればもう1枚範囲増えるかもなので、個人的にはかなり良かったですね
ただ、一つ難点を言うなら超越コストの確保が最重要課題
G3をBRで使う上に、更にコストも確保しないといけないので今まで以上に切る札、出す札の選択が重要に感じます
おかげで ぬばたま だと言うのに速攻は若干控えめにプレイングするようになりました

解決策としてはシズク互換…と言いたいところなんですが、クロコが大分戦略の中枢に関わってしまうのですよね
かといって、超越コストのG1…出ても枠が作りづらいんですけどね。でもまだ一種なら枠作れそう?

とりあえず、使ってみての感想としては、クジキリの最中でもかなりアドを稼げる(ディスアドを強いれる)
おかげで、超絶強いと評価していたクジキリがより一層使いやすくなりましたってのが、感想ですかね
マントラコンゴウについては、相変わらず強くて超越との住み分けが可能。普通に強い
ゲダツラカン、思ったより序盤使わなかったものの、手札を削りまくった後の相手4点時が何気に強い
思っていたより何度も超越って事はなく、きっちり〆るとこを〆てくれる優秀なユニット
ジョウルリラカン、文句なしに強いです。はい
クジキリと同じく雑に繰り返してるだけでも強いです。はい
っていう感じです

また、ちょっときついけど、フウキなども結構撃っていったプレイングが刺さる場面もあったので思い切り良く行きます
あと、G2ライドはとりあえずタマハガネで大安定です

宝鏡の女神オオヒルメ

ohHirume_today.jpg
CEOアマテラスをレギオンメイトに指定したG3レギオンリーダー
今までと違って絵柄のリンクはなさそうですが、まあ、強いです
何が強いって、社長のスキルで11kという防御力を得たのみならず、火力が11kも上がるところが
え?オオヒルメさん? オマケでしょ?

冗談です
レギオンしていれば、ほぼ確実に毎ターンCB1を回復しながらSC2点できるようなものですから
ただ、デッキトップがトリガーの場合はスキルを使わないのが無難です
トリガー率を増やす効果なのに、トリガー率を減らすことになりますので
※デッキトップがトリガー→宣言→成功→デッキトップを含めたSC2 あとは分かるな?

とはいえ、正直、そこまで使わなくてもいいかな~とは思うレギオンスキルなのでぶっちゃけ、オマケですね!
ってわけでも実はないんですけどね
いや、SC2できるって事はラック・バードのコストが確保できるんですよね
CBコスト自体は自身で回復できるので れもねーど はいらないんですが(CB毎ターン3とか使うなら話別
まあ、デッキトップが社長かオオヒルメなら、それはそれでなかなか強いんですがね
でも、デッキが4枚も削れるので、それはそれで困るかもしれない…
とはいえ、レギオンで山札を増やせるので、それはそれで有りかもしれない
まあ、正直ここの使い勝手は実際に使ってみないとなんとも言えませんね

とりあえず、終わります

ブシ生情報

とりあえず、全てのクラン(エトランジェ除く)にレギオンが配布される事が決定
その内、ブースター収録っぽいのは既に収録されているクランを除き
・シャドパラ
・ジェネシス
・かげろう
・アクフォ
・たちかぜ
・グランブルー
・リンクジョーカー
・ゴルパラ
あと、ロイパラにも追加が来るっぽい
まあ、17弾の収録クランはブースターは既に確定ですし、そこの全クランは安心ですね

で、
・ペイルムーン
・メガコロ
・むらくも
・エンフェ
・ネイチャー
は何かのイベント?で配布されるようですね
そこにも忍び込むロイパラ…

しかし、櫂くんはボーテックス・ドラゴニュートを使うようだ
誰がロイパラを使うんでしょうか?


で、ですよ
9月号ではなんと!ぬばたまのレギオンが来ます!
が、ブースターではないのでトリガーの追加はなしです!
…G1とG2の強化も欲しかったんですが

ちょいと後でまた編集にきます

決意の呪縛竜

Photon_today.jpgGarnetStar_today.jpg
リンクジョーカーのレギオンユニットです
アニメではコーリンが使っていましたね
罪と理解している上に、アイチの記憶持ち…恐らく、タクトのリアガード()時代の記憶もあるものと思われ
多分、アイチはコーリンの記憶を守る代わりにヴォイドに侵されているとかですかねぇ…
てか、ブラブレ拉致られて櫂くんどうすんの・・・w
せっかく出てきて、早速とファイターズロード東京予選優勝したのに、シングセイバーェ…
櫂くん、早速切り札なくしたようなもんなんですが、今度から何使うの
かげろう?オバロ?w


さてさて、アニメ本編の考察になりかけましたが、カードの考察しますよ
とりあえず、ガーネットスターはレギオン時にインフィニットゼロのBRと同じ効果…
レギオン繰り返すだけで強いですね(確信)

で、フォトンさん
え~と、何々~相手のリアガードが呪縛されている時にRに登場した時、Vが星輝兵なら相手1体呪縛…(コストなし)
カオスブレイカーさん出番ですよ~
…あれですね。ガーネットスター→カオスブレイカー→ガーネットスター→カオスブレイカー→で呪縛しまくりドローしまくり
…カオスブレイカー組みなおすか~。多分QW来るだろうし、完全ガードは2枚追加か…いっそ、グレンディオス崩すか

遅延!からのデッキ圧縮!からの遅延!とかもうマジでね…
うん。BR挟まなくても強いと思う。っていうか、BRして5体呪縛とか無駄なんで開発部の一言とか正直…
問題はカオスブレイカーのCBコストぐらいかなぁ…
れもねーど互換来たら逃げろ~
プロフィール

歩兵

Author:歩兵
当ブログ管理人の歩兵です。
名前とプロフ画像は他所でも使ってたりする手抜き。
現在、地区予選に向けてモチベーションを上げているところ。
割と迷走しています。
ご意見・ご感想など苦情も合わせて常時コメント欄にて受け付けております。
メールフォームも合わせてご利用いただければと思いますのでお気軽にどうぞ。
リンクはフリーです。相互リンクは連絡後、問題なしと判断すれば喜んで引きうけさせていただきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カウンター
FC2ブログ ランキング

FC2Blog Ranking

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
3291位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
カードゲーム
221位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。