スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

むらくも研究レポート

とりあえず、個人的に欲しい むらくもカードの妄想なんですが(コストバランスなどが不明なため互換のみ)
ダーク・キャットのむらくも版
メイデン・オブ・ライブラのむらくも版
ドラゴニック・エクスキューショナーのむらくも版
あとは、なんか相手のデッキ破壊系の能力とか出れば面白い事になると思うんですけどね
いっそ、登場時にコスト払って相手か自分のデッキトップから何枚かドロップとかいう能力でも
まあ、妄想なんで深く考えないでくだせえ

でもって、むらくもを使っていて分かったのですが、とにかく長期戦が得意なクランです
というのも、マンダラロードにライドすれば実質的にシールドにならないのはZANBAKUのみ
そのZANBAKUもアタッカーとして優秀だったり、リーブスミラージュのコストになったりと役目は十分
ZANBAKUを3枚にしておけばデッキの殆どのカードがシールドとして使えるようにもなります
となれば防御力が非常に高いというのは当然のこと
そこに加えて相手のリアガード前衛も殴っていけば更なる遅延、もとい試合の長期化が望めます

ということはですよ
ミダレエッジとカースドブレスの効果でボトムに送ったカードを覚えておけばトリガーの発動を操れるのです
まあ、緻密な計算と少なからずの運は必要となるでしょうが
あとはまあ、カースドブレスとミダレエッジが通るかどうかにも掛かってますけどね
しかし、これで覚えてボトムを記憶しておけばオラクルほどの速度でないにしろトリガーの操作が出来ますね
そんなわけでダーク・キャットのむらくも版が欲しいのですよ
無論、7000というパワーも非常に欲しくてたまりません
とはいえ、PRでの収録はやめてほしいという思いもあります
集めるのに多大な苦労と時間が掛かる上に運まで絡むのは本気で嫌です
でも、むらくも の為なら私はきっと頑張るのでしょうけどね
っと、話が逸れましたか

とりあえず、ダーク・キャット効果が出ればイビルフェレットで出してお互い1ドロー
その上でターン終了時に手札に戻るので再び効果を使う事も可能です
実に素晴らしい
それで更にマンダラが引ければアドが大きいですね
オマケに7000ブーストならマンダラorZANBAKUをブーストで18000なので13000にも対応可能です

そんなわけでダーク・キャット効果は非常に望むべきところなのです
オマケに長期戦になるので勇気があれば自分だけカードを引かずに相手にだけ引かせてデッキアウトを狙ったりも
本当にダーク・キャット効果は むらくも にとって有用すぎるのです

あと、アタッカーやブーストが足りない時にミリオンラットが非常に有用です
というのも、最悪前後にミリオンラットを並べて12000で相手を殴ったり、1枚で2枚分のブーストをしたり
あと、前後に並べる際は前衛の方をスペリオルコールすると殴り返されないのでヒット時効果にも対応できます
オマケに2体3体とスペリオルコールを続けることも可能(AでBを呼びBでCを呼びCでDを呼ぶ)
なので、実は除去にもある程度対応できたりもしますね
速攻をかけるにも相手のリアガードを殴るにも割と都合が良いですね
ただ、気をつけたいのは最初の1体はイビルフェレットで出さない限りはその場に残るのである程度場所に気をつけなければ上書きせざるを得なくなったりもします

その他としては、リーブスミラージュが実はそこまで重要でなかったりといった辺りでしょうか
というのも、マンダラロードにライドした際にはマンダラロードが実質的な10000シールドになるので
リーブスミラージュのコストとしてアドの大きいカードがZANBAKU以外になかったり
まあ、必要な時は必要なのであって損はありませんけどね
あと、リーフラクーンの効果が発動することが非常に難しいです
これはまあ、いくら防御力が高かろうと手札が異様に増えるわけでもないので相手より多いのは大抵有利な状況
つまりはまあ、別に使わなくても勝てる という状況が多かったりもするのですね
あと、相手によっても変わってくるというのも厄介ですね
そのためのカースドブレスやシャナオウなのでしょうけど

とりあえず、今回気づいたのはこの程度のことなので以上で一度切り上げます
それでは、また次回お会いしましょう hoheでした
スポンサーサイト

5弾開封結果

カテゴリは謎の研究
とりあえず、4箱購入してきました
ちなみに、学校の昼休みを利用しカードショップへGoしてマンダラロードとリーブスミラージュを1枚ずつ購入済
箱からでは2枚ずつぐらいだろうという読みですね(ちょっと期待してマンダラ1枚のみ)
その後、時間ギリギリでありながらも家の近くのお店にて4ボックス購入
予約してたので他の店では買えず、かといって逸る気持ちを抑えるなんて私には出来なかった・・・!

そんな感じで収穫

1Box目(セパレーター:スターコール・トランペッター)
RR
 うぃんがる・ぶれいぶ
 ストリート・バウンサー
 忍獣リーブスミラージュ
 友誼の騎士 ケイ
 ストリート・バウンサー
RRR
 隠密魔竜マンダラロード
 ミラクル・ビューティー
 双翅の王 ベルゼバブ

お気づきでしょうか・・・
ストリート・バウンサーが被っております
決して打ち間違いなどでなく、実際に1Box中で被りました
SPというわけでもなかったのでまさかの配分ミスでしょうかね

2Box目(セパレーター:ファントム・ブラスター・オーバーロード)
RR
 メイデン・オブ・ブロッサムレイン
 忍獣リーブスミラージュ
 友誼の騎士 ケイ
 メイデン・オブ・トレイリングローズ
 虚空の騎士マスカレード
RRR
 双翅の王 ベルゼバブ
 マジェスティ・ロードブラスター
 隠密魔竜マンダラロード

セパレーターに期待したのですが本人は入ってませんでしたね
まあ、1Box目からして予想はできますか
とりあえず、マンダラが調子よく集まり気分も踊りました

3Box目(セパレーター:スターコール・トランペッター)
RR
 メイデン・オブ・トレイリングローズ
 邪眼の美姫エウリュアレー
 グラスビーズ・ドラゴン
 メイデン・オブ・ブロッサムレイン
 虚空の騎士マスカレード
RRR
 ドラゴニック・オーバーロード・ジ・エンド
 スターコール・トランペッター
 マジェスティ・ロードブラスター

あまり欲しくなかったぺったんが来てしまいマンダラの枠が消えましたね・・・
次の箱でマンダラが出なければ今日中にむらくも組めない焦りが微妙に出てきます
しかし、ネオネクタールに必要なRRが各1枚ずつ来ればそっちも組めるという期待が・・・!

4Box目(セパレーター:隠密魔竜マンダラロード)
RR
 虚空の騎士マスカレード
 忍妖ミッドナイトクロウ
 友誼の騎士 ケイ
 ストリート・バウンサー
 忍獣リーブスミラージュ
RRR
 隠密魔竜マンダラロード
 ファントム・ブラスター・オーバーロード
 スターコール・トランペッター

ということで、むらくも組めるぜヤッホー!
というテンションです
ちなみに、ずっと構築の構想は練っていたので後はそのイメージを形にするだけ!
ってことで、実は既に組みあがってたりします
そんなわけでこれから むらくもデッキの紹介に移りますのでこの記事は以上です

除去かげ探求

さて、昨日の大会にて除去かげの使い方について少し分かったことをちょいちょいと書き込んでいきます

・意外とジョカが有用
 リアガードで21000を出すのに重要なカードになりますね
それにオーバーロードで20000叩き出せたりと色々と便利
具体的に言うと、21000を出すのに必要なラインとして
除去1回:エクスキューショナー+ジョカ ブレフレ+バーorジョカ
除去2回:バーサーク・ドラゴンを初めパワー9000のユニット+ジョカ ブレフレ+キンナラ
で、除去1回でオバロと合わせれば20000になると

・除去のためにコストが必要になる
 いや、当たり前といえば当たり前なのですが、
キンナラを使用するためのCBと手札コスト
バーサークのためのCBと場の空きを確保する必要がある
なので、まあ、なんか除去してても攻撃で追い討ちがかけらんない気がするんですよね・・・
でもって、そこで重要になるのがオバロとブレフレですかねえ
ブーストなしでも殴れるって意味で
そんで、除去2回すればブーストなしで16000に到達
まあ、多分除去かげってこのパワーアップをうまく利用しつつ除去で攻撃力削ぎつつ追い討ちなんでしょうねえ
よく分かってないにわかですが

・除去するのはバーサーク? キンナラ?
 とまあ、やっぱり悩むのは除去を実行するユニットをどちらにするかってとこですよね
メカトレとかいたら迷わずガトリングで焼きますが
あと、焼くユニットも考えないとただの1:1交換で損ですから相手のラインを崩さないとですねえ
かといって自分がライン作れませんでは話になりませんし
それにまあ、やっぱりコストの面ですかねえ
バーサークを使いすぎれば除去回数が減り、キンナラを使いすぎればブーストと手札が減り・・・
結局どっちも必要なんですけどね
とりあえず、状況を見極める必要があるな~と

・どこのブーストを潰すのか
 相手のV後ろを焼くのか、Rの後ろを焼くのか・・・
まあ、相手の手札とか展開状況、それと前衛の素のパワーとかで見るところでしょうねえ
とりあえず、ここも状況次第ということで

・枠がない
 下手に事故回避のためにブレフレとか突っ込むと枠がないんですよね
かといって事故回避入れておかないとやはり不安ですしね
あと、最近は序盤速攻な人も多いみたいですから(ロイパラとかかげろうとか)6000ライドは不安
そうなるとキンナラ+バリィにジョカまで加えると辛いところがありますかねえ・・・
グレード3だって除去かげにおいて優秀なオバロ、ブレフレにエクスまでいますから悩まされます
ここら辺は多分個人の好みやプレイングセンス、構築技術が問われるのでしょうね
ジョカ1枚でもコンローでサーチできるから(略)とかバリィ1枚でもコンロー(略)とか

とか私が思ったのはそんな感じですかね
とりあえず、このような情報というか、まあ感想を元に除去かげを完成形まで持っていこうと思います

ということで、また次回!

ぬばたま研究レポート

ということで、突発企画!自称:ぬばたま使い(初級)のhoheさんが今まで使っていて気づいたぬばたまについて

数字の行は行動が伝わる、見出し その次の行で説明、→からそれに対するぬばたま側の対処です

1.どうせ捨てさせられるなら捨てる。けど、グレード3が余ってたらスルーでも良い。
 ぬばたまからの攻撃を受ける側に回った時の感想ですね
攻撃受けた上でシールド削られるならそれは防ぎたいところなのですが、グレード3が余ってたら無駄なんですね

→そんな時には次のターンから相手のリアガードを狙っていきましょう
これでガードが強要できているようなものなのですよね
何故かって言われると、先ほど手札からグレード3を捨てたのでリアを退却させれば確実にアタッカーが減ります
その上で次に手札から捨てさせられるのはグレード3が2枚以上あれば、グレード3でしょう
ですが、先ほど捨てていて更にまだ余っているというのもそうないでしょうから、シールド5000落ちますね
そうなれば結局シールドは10000の損失
ボイドマスターに7000以上つけていれば結局10000シールドを要求するのでVが通りやすくなります

2.相手が速攻で展開してきて手札少ないからハンデスできない!
 ぬばたまを使っていて一番苦しい時の状況ですね
まあ、8000バニラのユニットにライドできていればある程度緩和されます
とはいえ、相手の手札にグレード3がいないときなどは本気で展開する人いるので油断禁物ですね

→とりあえず、落ち着いて相手のリアガードから処理しましょう
速攻を喰らっているのに下手にダメージを与えては逆に致命的になる場合もあります(ロイパラ相手は特に)
なのであえてVですらリアガードを狙いに行く勢いで、またガードは最初から数字の決まっていて損のないように
3点ぐらいなら別に問題ないと思われます

3.相手と手札差がつきすぎててガードされすぎる!
 ツクヨミスペラ3回成功+サイキック・バード+効果発動で一気にやられたパターンですね

→この場合はリアガードを狙い、こちらの手札も出来るだけ温存できるように務め、かつダメージは貰います
とはいえ、手札差5枚とかなっていたら正直、勝機はないと思うので厄介なリアガードのみ狙いますか
主にサイレント・トムなどですね
しかし、こういった時こそ諦めずに戦うことで気づくこともあるんじゃないかと思います(投げるな)

4.相手の攻撃力が低すぎて手札が勝ってしまう!
 相手がライド事故、アタッカーがいないというような状況ですね

→普通に殴って勝てば良い

ということで、私が今までぬばたまブロケードを使ってみての思ったことなどのメモです
その実あまりにも多くの方がぬばたまを使った経験、やられた経験がない場合が多いと感じたので書きました
これで少しでもぬばたまに興味を持っていただければ良いのですが・・・
ムラクモ、ムラクモ言わないでぬばたまとして見てあげてくださいね
あと、トリガー出さなくても良いというのには反論します
ドロートリガー3種+ヒールトリガー1種にしてでも出してくれれば良い!

と、まあ、ここまでは大抵起こりうる事柄についてなのですが、私がぬばたまに対する対策を考えました

対策:序盤から殴ってビートダウンしてしまえば良い。その方が手札が減る上に相手のガードを誘えてむしろ相手にガードを強いることが可能になるのでぬばたまを使っていなくてもぬばたま使いの気分になる
対策の対策:リアガードを狙うことで手札を消費させる型に切り替える
対策の対策の対策:リアガードを守ることで火力を確保しつつ更に手札を消費し、ハンデスの無効化に務める
対策の対策の対策の対策:ある意味既に狙いを果たしているんだ・・・!と自分に言い聞かせて涙を拭う

ちなみに、私がぬばたまブロケードを使っている時によく勝つ状況なのですが、意外や意外
“自分の手札が残り2、3枚ぐらいまで押し込まれているとき”
ですね。まあ、よくよく考えると当然っちゃ当然なんですが
何故かと言われると、ハンデスするために手札を消費しなければいけないのでこちらの手札2、3枚で相手ダメージ5なら大抵ファイナルターンになるのですよ
多分相手も同じぐらい手札消費してくれてますから
それで、自分はツインドライブで手札が5枚に回復すると
結局はまあ、実は最終的に手札は追い抜けてるのですよね
こちらのターンの始まりに同じ手札枚数でもその後は大抵上回る
何故かって相手のツインドライブの後にこっちもツインドライブするから
こちらのターン始めに同じ枚数でもそっちのターンになると実は違うって奴ですね

少しややこしい物言いになってしまったか・・・
まあ、そこら辺は実際に使ってみてもらうのが一番!
一応、ぬばたまを使って大分慣れ始めていると思うので私に聞いてもらえれば少しはアドバイスできるかもです

とまあ、そんなわけで本日はちょこっと違った感じの考察になりました
考察ってよか、もう実体験談になってますが

ということで、今回の記事は終了
こんな感じでも大丈夫ですかね?
ま、気にせずにまた次回お会いしましょう!
プロフィール

歩兵

Author:歩兵
当ブログ管理人の歩兵です。
名前とプロフ画像は他所でも使ってたりする手抜き。
現在、地区予選に向けてモチベーションを上げているところ。
割と迷走しています。
ご意見・ご感想など苦情も合わせて常時コメント欄にて受け付けております。
メールフォームも合わせてご利用いただければと思いますのでお気軽にどうぞ。
リンクはフリーです。相互リンクは連絡後、問題なしと判断すれば喜んで引きうけさせていただきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カウンター
FC2ブログ ランキング

FC2Blog Ranking

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
3291位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
カードゲーム
221位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。