スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

理想的なライン・理想的なガード

はい、先に一言
理想的なガードなんて実際には人によって様々なので私が考える理想であって、確実な答えというわけではないので悪しからず

ということで、早速と講座解説していきましょうか
このヴァンガードというカードゲームにおいて重要なことの一つとして攻撃をヒットさせることがあります
では、どうすれば攻撃がヒットするのか ですが
相手により多くのシールドを要求することで手札のシールド値を上回ってしまえば良いのです

具体的には10000の相手に対して15000/20000でのアタックを仕掛け
11000の相手に対しては16000/21000の攻撃力でアタックをします
ヴァンガードにおいて、このパワーを作ることが重要ですね
理由としてはガーディアンとして出せるシールドの値が5000と10000のみということがありますね
同じパワーになったら攻撃が通るので上記のような攻撃力になると必要シールド値がちょうど増えるんですね

逆に10000の相手に10000~14000/15000~19000の攻撃は違いがなく
11000の相手に11000~15000/16000~20000の攻撃には違いがありません
どういうことかと言いますと先述と似たようなもので、シールドが5000刻みで上がるので相手パワー+4000や9000などは大した意味がありません
なので、相手が10000の際に
ボールスをふろうがるでブースト!カウンターブラスト1で+3000の合計パワー18000!
というの無意味かつ、コストの無駄遣いに過ぎません

以上の事を頭の片隅に残してユニットの配置、コストの使用などを考えていただければと思います
攻撃が通らないから仕方なくパワーの低いブースト出すというのもよくある光景ではあるのですけどね
後々の事を考えると手札消費に繋がるのでよく考えていただく方が勝率はグッと上がります

続いてガーディアンの使い方
最初はコストを稼ぐ意味もあって2点ぐらいならリアガードの攻撃も通してしまってよいかと思います
3点目以降からはヴァンガードの攻撃を通す感じが良いんじゃないかなと個人的には思いますね
はい、ではヴァンガードを通すけどリアガードをガードする理由です
・ヴァンガードはトリガーチェックにより攻撃力が上がる可能性があるため余分なガードが必要になってくる
・リアガードにはトリガーチェックがないので余分にガードする必要性はない
という2点ですかね、殆ど同じなんですがそこは気にしない方向で

とはいえ、ヴァンガードをガードして、かつリアガードをガードする状況というのもやはり存在しますね
終盤なんかは確実にそうなのですが、他にもリアガードの攻撃力が高く、クリティカル出された上でガードしてなかったら確実に負ける場合など
私なんかがよくなる状況だと手札にグレード0の10000シールドが3枚、グレード3が1枚、グレード2が1枚でダメージが3点
相手がヴァンガードがアマテラスでブースト込み21000、リアガードにサイレント・トムのブースト込み16000
こんな状況でアマテラスを通してクリティカル出されたら2点もらう上にサイレント・トムが防げないので瞬間的にヒールトリガーに賭けることになります
(サイレント・トムのアタックにはグレード0のカードをガーディアンにコールできません)
そんなわけで、例外は存在しますが、基本的には攻撃力が一定に定まってくれないヴァンガードの攻撃を通しますかね
余分にガード出してトリガーなしとか、ちょうどでガードしたらトリガー出されちゃったりすると損が大きいですから
とはいえ、パワーの小さいシールド要求値の低いところを優先してガードするのが一番ですけどね

ということで、単純なガードについてだけ言いましたが、実際にプレイするともうちっと複雑になってきます
どういうことかといわれますと、ダメージチェックですね
どこか1点確実に通さないとシールドが足りない、手札使いたくないとかいう状況においては相手のパワー数値、シールド要求値と相談してどこを防ぐか決めます
ただ、その場合、自分のダメージ数まで考えなければいけないという複雑さですね
例えば、ダメージ4点 相手の攻撃が10000要求、15000要求、15000要求の場合
この場合は相手は大抵10000要求のところから殴ってきます
そうなると、手札のシールドの合計値と相談です
手札のシールドの合計値が40000ならば、この10000要求を通します
そして、ダメージチェック、ここでトリガーが出れば次からは少し温存できます
とはいえ、出なかったと想定してのVを20000ガードです
そうしたら恐らく残ったリアガードに+5000するでしょう
そして、その残ったリアガードの攻撃を20000要求を20000出せばもう1ターン生存します
ちなみに、合計シールドが35000の場合
相手のトリガーチェックでクリティカルでない事を祈りつつリアガードを全力ガードします
クリティカルが来てしまったら諦めてヒールトリガーに賭けましょう

さて、ここまで来てようやくといった感じでアタック順序の基本的な理想的順序の解説
スタンドトリガーがないデッキの場合
・自軍シールド要求値 5000 10000 10000
5000のところからアタックし、次にヴァンガードで10000要求、最後に残ったリアガードでアタック
→相手のダメージチェックで5000要求のラインが通らないことを見越して先にアタック
→自分のドライブチェックのトリガーに期待しヴァンガードでアタック、出ればリアガードがパワーアップする

・自軍シールド要求値 10000 15000 10000
ヴァンガードから攻撃を仕掛ける
→トリガーが2枚引ければ両方に+5000ずつ振り分けることで相手の手札を削れる量が増やせる
→1枚しか出なければ+5000しなかった方からアタックする事でダメージでトリガー発動された際の損を減らす

ということで基本は要求値の低いところからアタックしますね
理由については“→”のところをご参照くださいますよう

スタンドトリガーがあるデッキの場合
・自軍シールド要求 5000 5000 10000
リアガードの5000のところからアタック、次にヴァンガードでアタック、最後に10000
→スタンドトリガーに期待してリアガードからアタック
→相手がダメージチェックでトリガー出したら出したでヴァンガードなら通せるかもしれない
→通らなかったらそれはそれで10000は通せるはず

・自軍シールド要求 10000 5000 10000
リアガードからアタック、ヴァンガードで攻撃、最後に残ったリアガードでアタック
上記と同じ理由

・自軍シールド要求 10000 10000 10000
リアガード2体の後でヴァンガード
→スタンドトリガーが2枚発動したら5連続攻撃が可能 ある意味相手にプレッシャーを与えられる

そんな感じですかね
無論、フル展開であれば少し変わってくる場合もありますが
(ダブルトリガーで1列まるまる起こした方が有効な場合など)
それはまた別の話になってきますかね

とりあえず、攻撃と防御の際の参考になればと思います
本当は対戦動画などあげられれば良いのですが、近所にヴァンガード友達いない、撮影環境がない、撮影機器がない、などの理由で少なくとも今は無理ですかね・・・
とはいえ、私でなくとも対戦動画をニコニコ動画などにあげてくださっている方はおりますのでそういったものを見ていただけるとなんとなくつかめるんじゃないかなと思います

そんなわけで今回はこれにて終了です
毎度長ったらしい文章にお付き合いいただきましてありがとうございました
少しでもヴァンガードユーザーが増えたり、始めたばかりで強くなりたいという方への支援になれば幸いです
初心者向けなのかどうか謎になってきましたけどね
では、また次回お会いしましょう hoheでした
スポンサーサイト
プロフィール

歩兵

Author:歩兵
当ブログ管理人の歩兵です。
名前とプロフ画像は他所でも使ってたりする手抜き。
現在、地区予選に向けてモチベーションを上げているところ。
割と迷走しています。
ご意見・ご感想など苦情も合わせて常時コメント欄にて受け付けております。
メールフォームも合わせてご利用いただければと思いますのでお気軽にどうぞ。
リンクはフリーです。相互リンクは連絡後、問題なしと判断すれば喜んで引きうけさせていただきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
カレンダー
08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カウンター
FC2ブログ ランキング

FC2Blog Ranking

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
4058位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
カードゲーム
301位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。