スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペイルについて考えてみた

実は7弾の主役はネイチャーではなく、ペイルなのではないだろうかと思い始めています
ということで、私が注目しているカードの筆頭はこちらのこの2枚
SilverSornDragonTamerLuchie_today.jpgPoizonJagler_today.jpg
ルキエさんは爆発力、そして微妙にリア潰しに遭いやすいペイルでありながら一気にくる展開力による牽制
ポイズン・ジャグラーはクリティカルでありながら、まぁるがる効果持ちという点

ルキエさんで ありす/バニーのガード要求力を引き上げつつリア潰しに対してもある程度の耐性を持ち
そして、ポイズンでガード強要力を上げる
非常に理想的なコンビじゃないですか・・・

まあ、ルキエさんはソウルを溜める手段がないと辛い感じがするので、用途によって変わりますかね
とはいえ、メインヴァンガードでもサブヴァンガード兼フィニッシャーとしても優秀かと思われます

ということで、ロベールがメイン、ルキエがサブ という形で少し考察
トリガー配分は展開しきらない方が動きやすいということもあり、☆8醒4治4で考えていき
ロベール3ルキエ2ありす3 という編成 FV:狭間を越える少女 という条件で少し考えていきます
なお、醒4はスカイハイ・ウォーカー4 で行く事とします

まず、ロベール3ルキエ2というのは、ロベールでソウルを溜めつつルキエへの再ライドを狙えなくはない範囲
という考えでこの配分にしました
また、メインVにしても大丈夫なユニットを5枚にする事である程度、戦略の選択肢を広げる狙い
そんな事もあり、他のユニットはロベール、ルキエのどちらでも構わないユニットを選びます

G2
バーキング・ケルベロス:安定します。ここは4枚推奨でしょう
ニトロ・ジャグラー:ロベールにならなかった時を考え2~4枚ほど欲しいところ?
腹ぺこピエロ:ガード強要という意味ではなかなか有り難い存在・・・か? 不安定。ニトロと好みが分かれる2~4辺り
ビックリーグ・ベア:SC2はありがたいが少し辛いものもあるか? 囮として使える可能性もなくはない
エレファント・ジャグラー:パープルとのコンボでソウルを稼げるが頼りきるには安定性がない
ミラー・デーモン:一応ポイズンでパンプすれば ありす の代わりに使えるか・・・? ライン上げづらいのが辛いが

G1
ダークメタル・バイコーン:安定する。とはいえ、G2が9000以上で固められるので優先度は多少下がった?
バニー:ルキエとの相性もロベールとの相性も良好。パープルとの相性も良いし必須レベルか?
パープル:コメント必要ないだろ、と軽く考えてしまう程度に強いし安定するし、何とでも相性が良い もはや必須
スカル・ジャグラー:ロベールにライドできなかった際の保険代わり ニトロとの合計が5~6枚になるぐらい欲しい?
百発百中のミア:ガード強要としてもソウル稼ぎとしてもなかなか使えそうだし、2~3枚採用するのも良いか?
冥界の催眠術師:引なしとはいえ、3~4枚は枠安定の環境だし必須レベル

微妙と判断したカード郡
クリムゾン:ソウルをそこまで溜められるわけでもないし、枠が結構きつい気がする
ジャンピング・ジル:スペコして12kにしても狙いすぎ感 ソウルそこまで溜められるわけでもないし
シーソーゲーム・ルーザー:枠がないし、LB狙うのはフィニッシュ時だと思うので多分ダメージ足りる
夜空の舞姫:ピンポイントチャージは助かるが極力CB使いたくないし、G1枠のためにもG2は9000以上で固めたい
シーソーゲーム・ウィナー:ルーザーと同じような理由、パワー低いし
スターティング・プレゼンター:運要素が強すぎて正直微妙な気がしてならない
ターコイズ:クリムゾンが採用難しいと判断しているのに採用する道理はないかなって
マッドキャップ・マリオネット:ただでさえ、引なしで手札辛いのにここは入れられない

とまあ、そんな感じで今回は安定性重視ということで
G2:ケルベロス4 ニトロ3 腹ぺこ3
G1:バイコーン3 バニー3 パープル3 スカル3 催眠術師3
といったところで

とまあ、デッキ考察はどっかでもやった気がするので、
ルキエとポイズンの使用タイミングについて少し考えられる範囲で
・銀の茨の竜使いルキエ
 主にVに置いて ありす/バニーのプレッシャー増幅が目的になるか
あとは、リア潰しされすぎた後に出てきて一気に展開補助+超火力でのフィニッシュ
使いどころの難しさは感じるがアド取りしたいならリアのどこからしらは空きがある方が良さそうか?
・ポイズン・ジャグラー
 個人的にはロベールと合わせて相手に手札を捌けさせたい
例えば、ロベールでトップにスタンドを確認→ポイズンでありす/バニーラインのバニーをパンプ
→ありすヒットでケルベロスにチェンジ→Vでアタックし、スタンドゲットでバニースタンド
→ケルベロス/バニーが20000or25000で殴りに行く
最初のありす/バニーを守られても ありすがスタンドでまたリアガードを殴りに行けるというもの
ちなみに、2回目のケルベロス/バニーがヒットした時、ソウルにパープルがいれば16000で殴りかかれる

最初から狙いが分かっていれば最初から止めてくると思うが、
それならそれで15000シールドは奪える(+1アタック残り1ライン
その後のスタンドありす も守るなら合計で25000 悪くない数字だろう

仮にヒット→ヒット→ガードでも、リアがG2なら全計20000シールド
Vへ殴っているなら2点+10000シールド(残り1ライン

ガード→ヒットが相手としてはもっとも得なのだが、仮にもう片方のラインが後列空きだと仮定すると
最初に15000強奪→ありすスタンドがヒットでパープルを別のR裏にスペコ
→バニーをパープル効果でありすorケルベロス
で、2点or合計15000シールド要求

というようにどのようなパターンでも多少辛い条件をクリアすれば一気に手札を奪っていける
また、タイミングはロベールがトップにスタンドを確認した時、
なので、ロベールにライドしていればそれなりの確率で起こるだろうタイミングと思われる
それと同時に、ポイズン自体がリアを空けられる能力持ちなのでそういう意味でも噛み合ってると思っている
難点としては勿論11000以上には通りにくい戦術というところ
しかし、リアガードも含め全てが11000になるという事は早々ないと思われるので、
リア潰しのためのスタンドとしてはかなり仕事をさせられたと考えていいだろう
相手が11000なら ありす に効果を使ってやれば良いし(ヒットしたらバニーのみ使用でもう片方の裏を補充する
ちなみに、ここまでしても使用コストは2点
また、それまでの ありす/バニーがヒットするとは考えづらいので5点だと考えればルキエのコストも足りるでしょう
え? 狭間を越える少女・・・・・・ 忘れてた(キリッ
いや、ほら、序盤で使っておけばヒールトリガーの恩恵を受けられるし、ライン調整補助にもなるじゃない・・・?
はい、苦しい言い訳ですね
まあ、実際さっきの手順で2回もコスト使えてれば多分勝ってると思うんですけどね(開き直りの図

まあ、そんな感じで大分長くなったので終わっておきます。
何が書きたかったのかはハッキリしてますね。さすが私←

では、また次回お会いしましょう hoheでした
スポンサーサイト
プロフィール

歩兵

Author:歩兵
当ブログ管理人の歩兵です。
名前とプロフ画像は他所でも使ってたりする手抜き。
現在、地区予選に向けてモチベーションを上げているところ。
割と迷走しています。
ご意見・ご感想など苦情も合わせて常時コメント欄にて受け付けております。
メールフォームも合わせてご利用いただければと思いますのでお気軽にどうぞ。
リンクはフリーです。相互リンクは連絡後、問題なしと判断すれば喜んで引きうけさせていただきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
カレンダー
05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カウンター
FC2ブログ ランキング

FC2Blog Ranking

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
4326位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
カードゲーム
279位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。