スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日紹介はダークイレギュラーズ

ということで早速デッキレシピの方に移りたいと思います。
グレード38枚
魔界侯爵アモン3枚
シュティル・ヴァンピーア3枚
エーデル・ローゼ2枚
グレード210枚
ヴェアヴォルフ・ズィーガー4枚
熱望の悪魔アモン4枚
グウィン・ザ・リッパー2枚
グレード115枚
プリズナー・ビースト3枚
誘惑のサキュバス4枚
漆黒の詩人アモン4枚
ドリーン・ザ・スラスター2枚
悪夢の国のマーチラビット2枚
グレード017枚
ヴァーミリオン・ゲートキーパー(FV)1枚
カースド・ドクター(治)4枚
ブリッツ・リッター(☆)4枚
冥界のパペットマスター(醒)4枚
悪夢の国のダーククイーン(醒)4枚

と、こうなり、実は最初からこの形で組んだら割とよく動いてくれる感じになりました。
では、追記にて解説等を
思ったよりもソウルがポコポコ溜まるわけではなく、ヴァンピーアと合わせないとスラスターがパンプしない感じ
アモンの除去と同時にパンプして一気に5体退却でアモン5000スラスター15000
というのは可能ではないけど、狙うものではないな、というのが感想ですかね
アモンの2つ目の能力は普通に強力なので一気に消費するよりもソウルに6枚揃えることを目指すと良い感じです
その後、手札に来て無駄になってるグレード3などをコールしてコストにすると良いでしょう
アモンの永続パンプと相手への妨害になってなかなか良いです
展開の邪魔することで相手の防御か攻撃を薄くできるところが優れています

でもって、何故アモン3ヴァンピーア3かと言いますと
カードが揃っていないのも確かにありますが、アモン4にすれば2枚目以降がただのコストに成り下がり
ヴァンピーア4はフルブラストが起動能力なので別にRに1体いれば良いな、ということで3枚ずつです
また、マーチラビットは最初こそ3枚を目指していましたが、正直そこまで使わないので2枚で良いと思いました
ドロートリガーがあれば結果は違ったのでしょうけど手札増やしにくいので完全防御は2枚で足りるかなと

それでは基本戦術1.アモンへのライドに成功した場合
その場合はとにかくソウルが6枚になるように2つ目の能力を起動しましょう
相手がまだ展開してない内が理想なので出来ればライドしたターンに
遅くとも相手がRに3体ぐらいの時には発動しておきたいところです
そうしたらVの後ろに漆黒の詩人アモンを置いて25000以上のパワーで殴ります
また、その際攻撃順はR→R→V(Rどちらかにブーストがいない時)かR→V→R(R両方にブーストがいる時)です
ドロートリガーもなくブーストが不足しているので大抵はRRVになると思います
それと、トリガーカードでブーストはあまりしない方が良いかと思います
ただでさえ手札がなくて防御が苦しいのにトリガーでブーストしたらもっと厳しくなるかと思います
1ターンでも多く耐えればアモンが頭おかしいとまで言わしめるパワーで攻撃してとどめまでもっていけます

基本戦術2.ヴァンピーアへのライド時
ヴァンピーアの後ろにスラスターか漆黒の詩人アモンで恒久的に21000で殴り続けられます
また、相手はヴァンピーアの起動能力を警戒してダメージ4のままにするかもしれません
その場合は暫く耐えてからアモンへ再ライドして恐ろしいパワーを見せ付けてやりましょう
その際に手札にヴァンピーアがいればアモンライドで5点目のダメージをもらえるかもしれないので
Rに出して奇襲をかけましょう
その場合はそのターン中に勝負を決めることを目指してとことんヴァンガードを攻撃します
恐らくそれが相手が自分のファイナルターンになるかと思います

と、グレード3の切り札2種類採用については以上で分かるかと思いますが
勝ち筋を2つ作った、というのが主な理由です
他のグレード3のダークイレギュラーズがそこまで採用したいものじゃなかったのもありますが
それでもエーデル・ローゼが入っているのはちゃんとした理由があります

主にエーデル・ローゼの仕事は3つほど
・ヴェアヴォルフ・ズィーガーを持って来れるため、グレード2ライド事故が軽減する
・ヴェアヴォルフ・ズィーガーを持ってきてRの火力確保
・ヴェアヴォルフ撃ち尽くした後のアモンやマーチラビットのコスト

ヴェアヴォルフって強いですよね
バニラ10000な上にサーチカードもあるなんて素敵です
そして、見た目が牙狼なのも個人的には良い!
逝け~風の如く~♪
蠢天いないのが残念

とりあえず話を戻しますが、グレード1ライドは誘惑のサキュバスが理想です
これに成功すればグレード3の時点でソウルは5
魔界侯爵アモンなら能力1回起動すれば6枚になり、漆黒の詩人アモンと熱望の悪魔アモンの能力が発動します
シュティル・ヴァンピーアならばSC能力により6枚なのでやはりG1アモンとG2アモンの能力が発動します
最悪、最初のアタック時にダーククイーンをブーストにつけられれば多分SCできます
両方ともなければ普通に時間をかけてソウルを6枚にするとよろしいかと思います
とにかく、G1アモンとG2アモンで20000ラインがRで作れるのでソウル6枚になることが重要です
ソウル6枚ならヴァンピーアにライドした途端ソウル8が可能ですしね
それにソウル6枚でG1アモンがG3アモンをブーストした時のパワーは25000
ヴァンガードでアタックしてるだけでも相当なガード要求ができます

では、今回のデッキ紹介は以上…と思ったらグレード3の解説ばかりだったので少しばかりグレード2についても
熱望の悪魔アモンはやはり11000のアタッカーになれるのが優秀ですね
相手が11000V相手でスタンドしても十分に殴れます
ズィーガーはもう見た目だけでサーチで呼べる10000というだけで十分強力
ドロートリガーがないこのデッキでも事故率が下げられるのでエーデルともども必須といえそう
グウィンさんは相手の邪魔なブーストやグレード2を除去した後、魔界侯爵に食べられると良い動き
Rに出して9000じゃ少しスタンドと相性悪いけど、仕事できない時が少ないので良カードかと

続いてグレード1解説
プリズナー:文句の言いようもなく優秀な8000バニラ
誘惑のサキュバス:SCが優秀でパワーも7000と腐りにくく、効果使用後アモンに食わせても良い
漆黒の詩人アモン:ブースト9000になりやすく、使い勝手が良い ヴァンピーア効果の際は少し注意が必要
スラスター:恒久的なSCがヴァンピーアだけなのでヴァンピーア専用ブーストな感はあるが使い勝手は悪くない
マーチラビット:きっと危ない場面では助けてくれるよ! エーデルさんをコストにして

ということで解説は以上です
エーデル・ローゼさんの扱いが雑ですが、嫌いなわけじゃないです
むしろ、事故率下げてくれるその能力は好きですよ
いっぱい仕事してくれるので手札にちょいちょい来てくれると嬉しいですし、多分一番使用機会が多いカード

それでは今回は以上で終わります
次回は新しくなったばーくがるFV制限後のロイパラデッキを紹介したいと思います
まだもうちょっと調整が必要ですけどね
それではまた
スポンサーサイト

tag : ヴァンガード ダークイレギュラーズ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

歩兵

Author:歩兵
当ブログ管理人の歩兵です。
名前とプロフ画像は他所でも使ってたりする手抜き。
現在、地区予選に向けてモチベーションを上げているところ。
割と迷走しています。
ご意見・ご感想など苦情も合わせて常時コメント欄にて受け付けております。
メールフォームも合わせてご利用いただければと思いますのでお気軽にどうぞ。
リンクはフリーです。相互リンクは連絡後、問題なしと判断すれば喜んで引きうけさせていただきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カウンター
FC2ブログ ランキング

FC2Blog Ranking

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
6367位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
カードゲーム
449位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。