スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヴァンガード初心者向け講座

初心者向けのルール説明は他サイトさん、公式に任せるつもりでいましたが友人の命により書き上げます。

何を書いてよいのか正直まだ悩んでいて筆が迷っているところではありますが、まずは基本ルールから

1.デッキの構築について
 デッキの構築といえば当ブログではよくデッキレシピとして載せておりますが、その基本は語っておりません
ということで、デッキの組み方ですが、注意すべき事は2点
1つ。トリガーカードは合計で16枚となるようにデッキを組む
これは『クリティカルトリガー』『スタンドトリガー』『ヒールトリガー』『ドロトリガー』の合計枚数の指定で
15枚以下も17枚以上も認められておりません
なので、トリガー50枚デッキだぜ!(キリッ などとは出来ない仕様になっております
2つ。同じ名前のカードは4枚までしか入れてはいけない
絵柄が違っても名前が同じならば4枚までのカードとしてカウントします。
(例えばケロケロエース版の沈黙の騎士ギャラティンとブースターパックの沈黙の騎士ギャラティン)
なので、ジャガーノート・マキシマム50枚!俺様最強~!などは出来ませんのでご注意ください
とりあえず、この2点を守っていただければとりあえずのデッキは組めます
実際にはグレード0、グレード1、グレード2、グレード3の配分なども考えるのですがそれはまた別のところで
基本的にはトライアルデッキをご購入いただければそれなりに戦えて必要なカードもある程度集まります
ゲームを知る過程で便利なのでお金に余裕のある方ならば買って損はないかと思われます

カードファイト!! ヴァンガード トライアルデッキ 聖域の光剣士 (ブラスター・ブレード)カードファイト!! ヴァンガード トライアルデッキ 聖域の光剣士 (ブラスター・ブレード)
(2011/02/26)
ブシロード

商品詳細を見る

カードファイト!! ヴァンガード トライアルデッキ 帝国の暴竜 (ドラゴニック・オーバーロード)カードファイト!! ヴァンガード トライアルデッキ 帝国の暴竜 (ドラゴニック・オーバーロード)
(2011/02/26)
ブシロード

商品詳細を見る

紹介は悪意という名の善意の元、特に使いやすいと思う<<ロイヤルパラディン>>と<<かげろう>>となっております
ちなみに、かげろうは、この先かげろうを使う上でとても使い勝手の良い、ドラゴニック・オーバーロードが2枚手に入るので特におススメです

2以降は実際のゲームの流れについて触れるので追記にて語らせていただきます
ところどころカードの用語説明みたいなものも入っているので見逃さぬようご注意ください
用語説明の部分には ※ を入れてありますのでご参考に
ここから先はゲームの内容になります
大前提として↓のようなプレイマットがあることとします
RVR
RRR
文字だけですが、Rがリアガードサークル Vがヴァンガードサークルです

2.ゲームの始め方
 まずはファーストヴァンガードとなるカードを1枚デッキからフィールドの中央前列に存在するヴァンガードサークルに裏向きにして置きましょう
その際の注意ですが、必ずグレード0のカードを選ぶようにしましょう
※グレードというのはカードの左上に書かれている数字の事で0~3まで存在します
グレード0のカードをヴァンガードサークルに置いてデッキをシャッフルします
そのシャッフルしたデッキ(以下、山札)をフィールドの右上のリアガードサークルの右ぐらいに置きます
その後その山札の上から5枚を引いて手札とします
その際、一度だけ引きなおしが出来、5枚の手札から好きな枚数山札に戻しシャッフルすることで同じ枚数のカードを引くことができます
一見すると手札が増えず意味のないような事ですが、グレード0から3まで1つずつ昇級することが重要なこのゲームにおいてこの引きなおしは重要な事だったりするのでよく覚えておきましょう

はい、ではカードの引きなおしも終わり先攻後攻を決めるためにじゃんけんをしましょう
そこで注意して欲しいのはじゃんけんで勝ったから選べるというわけではなく、じゃんけんで勝った方が先行という事です
では、ゲームを始めるためにお互いにヴァンガードのカードを表にして「スタンドアップ」と宣言しましょう
これでゲームが開始します
ここではもう問題なくゲーム開始できたこととして次の項目に移らせていただきます

3-1.ゲーム進行(ドローフェイズ)
 ゲームを始めた際、どちらのプレイヤーも最初に到達するのがドローフェイズです
先行でも問題なくカードを引く事が出来ますので、デュエルマスターズなど先行のドローのないカードゲームに慣れしたんで来た方は特にご注意ください
※ドロー・・・山札の1番上のカードを引く事
では、次のフェイズ、ライドフェイズに移りたいと思います

3-2.ゲーム進行(ライドフェイズ)
 今いるヴァンガードの1つ上か同じグレードのカードにライドする事ができます
※ライド・・・ヴァンガードの上に別のカードを重ねて置く事
つまり、0なら1に1なら2に2なら3になる事が可能です
ただし、1ターンにライドが行えるのは1度だけですのでご注意ください
また、3から0、2から1などにはライドできませんので悪しからず
人生行き過ぎるとやり直しが効かないのと同じですね

3-3.ゲーム進行(メインフェイズ)
 ここではリアガードを手札からコールしたり、カードの起動効果の使用が行えます
※起動効果・・・カードのテキストに起とある能力でコストさえあれば何度でも使用できる コストは様々
ただし、リアガードにカードを出す際に注意していただくのがカードのグレードです
今いるヴァンガードのグレードより上のカードをリアガードに出すことはできません
なので、ヴァンガードがグレード1の時にリアガードにグレード2や3のカードは出せません
ですが、ヴァンガードのグレード以下ならば同じターンに好きなだけ出せます
ちなみに、コールされる事が能力発動の鍵となるカードもいるので出す順番にも気を配りましょう
その際の能力を自動能力と言います
※自動能力・・・カードのテキストに自と書いてある能力で発動条件を満たす度に1度だけ効果が使える コストは様々
また、ユニットの移動も行えます
ただし、移動できるのは両脇のRの前後の交換だけであり、横には動けません
移動は同時に行うことができるため、前後の入れ替えは可能です
ちなみに、リアガードの合計は5体までで前列は2体、後列は3体までが限界です

3-4.ゲーム進行(バトルフェイズ)
 ここではユニットのバトルが行われます
ただし、先行の1ターン目にはこのバトルフェイズは用意されていませんので、相手にターンを渡しましょう
ちなみに、バトルの際は攻撃側が絶対有利でパワーが同じ場合は相手が一方的にやられます
デュエルマスターズなどのように道連れというわけではないのでご安心ください
まずは自分のユニットを選んで横向き(レスト)にしましょう
それがアタックの意味になるので、次は攻撃対象を選びましょう
先ほども申したとおり、攻撃側が有利なので基本、アタックしない事はありません
なお、横向きのカードはアタックできません

さて、では攻撃されたら守れないじゃないか、とお思いの方もおられるでしょうけども心配はいりません
手札からガーディアンをコールすることが可能です
※ガーディアン・・・メインフェイズのコールと同じくヴァンガードのグレード以下に限定される。それぞれシールドというのを持っているユニットをガーディアンサークルというヴァンガードとヴァンガードの間にコールする。グレード3のユニットはシールドがないためガーディアンには選べない
ちなみに、その際の計算方法ですが、アタック対象に選ばれたカードにガーディアンのシールドの値をプラスしてバトルに挑みます
ちなみに、ガーディアンは1体だけに限られず、手札がある限りいくらでも出すことが可能です
相手のパワーよりも1でも高ければガード成功となります
ガーディアンを出したバトルが終了したらガーディアンはドロップゾーンに送りましょう

さて、相手に一方的にガーディアンでパワーがプラスされては今度は攻撃側が攻撃を通せません
ということで、グレード1か0のカードをメインフェイズ中に後ろに置いてブーストしてもらいましょう
※ブースト・・・後列のグレード1か0のユニットのパワーを前列のユニットのパワーにプラスして、前列のユニットにアタックさせる
このブーストを使っても攻撃が通らないようならば、リアガードは諦めましょう
ですが、ヴァンガードの攻撃にのみ許された特権があります
それがドライブチェックです
※ドライブチェック・・・山札の一番上のカードをめくり右上にアイコンがないかをチェックする。その際、相手にも見えるようにする事がポイント
このドライブチェックで運よくトリガーをゲットすることができたなら自分のユニットのどれかにパワーをプラス5000することができます
それで攻撃が通れば見事バトルに勝利することができます
ただし、ユニット同士のバトルであってゲームの勝利ではないのでご注意を
ちなみに、この攻撃が通ることを「ヒットする」と言います

攻撃がヒットしたらその対象によって相手の行動は変わります
・ヴァンガードにヒットした場合
 ダメージチェックと言って山札の一番上のカードをめくりトリガーをチェックした後にダメージゾーンに送ります
※ダメージゾーン・・・相手から受けたダメージの数でここのカードが6枚になった時点で負けです
ちなみに、トリガーが発動したらその効果を発動してからダメージゾーンに置かれます
トリガーの効果についてはまた後ほど
・リアガードにヒットした場合
 そのユニットをリアガードサークルからドロップゾーンに送ります これを退却と言います

さて、一通り攻撃が終わったらターンを終了して相手に行動権を渡しましょう
次のターンからはターンの始めにスタンドフェイズが入ります

3-5.ゲーム進行(スタンドフェイズ)
 自分のユニットの横向きになっているカードを縦向きになおします
1ターン目にはないと言っていますが正確には必要ないだけで現実には存在していますのでその点だけご注意ください
とはいえ、特に変わったことを行うわけではないのでこれにてゲーム進行については終了します

それでは4 と行きたいところですが、疲れてきましたし、文字数も大分増えてきたので今回はここまで
よく分からない、読みづらい、クズ!クズ!ドクズ!といった類の文句は受け付けますのでお気軽にどうぞ
また、ここはこうした方が良いといったアドバイスも是非ともお願いします
なにぶん、こういったことは初めてで慣れていないものですから手助けは必要だと感じております

ということで、次回からもこういった講座(?)はちょいちょい行う予定ですが、見やすい形ってどんなんでしょうね…?
何か良い方法があれば今回のこの記事も修正したいとは思います

え~、ちなみに友達から「ガーディアンにコール出切るユニットもヴァンガードのグレード以下でないといけない」という事も説明してくれという要望をいただいておりますが、一応ちょこっとだけ出しただけなのでここでもう一度言っておきます。
大事な事なので2回言いました。という奴ですね。わかります。
あ、ちなみに仕組みを説明すると、ガーディアンと言えどもコールには違いないのでメインフェイズ中のリアガードのコールと同じという事です。
手札のユニット達は自分より弱い奴のために働きたくなんかないって事ですね。
で、そのちょっと強いユニットが1人でも動いた(ライドした)ら、ぞろぞろと皆動き出すと…

厳密には、スペリオルコールという手段でヴァンガードのグレードより上のユニットをコールすることができる場合があるのですがそれはまた別の話になっちゃいます
ちなみに、そのスペリオルコールの雰囲気は弱み握られて無理矢理働かされてる感じですかね
え? ちょっと違う? 気にしない

とりあえず、本日の記事は以上です
あと、これは予告ですが、ダイユーシャを使ったデッキを組んだので今度紹介予定です
少し調整不足な感があるのでその調整が終了次第デッキレシピを載せさせていただこうと思います
割としっかりとしたデッキだと思うのでどうぞお楽しみに
では、今回の記事はこれにて終了します
また、次回
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

東・せつなさん コメントありがとうございます。
デッキについての説明不足申し訳ないです。

とりあえず、デッキ枚数は50枚固定です。
49枚以下でも51枚以上でもデッキとして認められません。

グレードについては、トリガーカードであるグレード0を16枚採用する以外には縛りはありません
ただ、一般的には
グレード0:17枚(トリガーカード16枚+ファーストヴァンガード1枚)
グレード1:15枚
グレード2:10枚
グレード3:8枚
のような配分が安定すると言われています

とはいえ、デッキによっては
G0:17 G1:14 G2:11 G3:8
G0:21 G1:14 G2:7 G3:8
G0:16 G1:15 G2:11 G3:8
などの配分もあったりします
ここら辺は実際にデッキを組んでみて、必要なカードとそうでないカードとの取捨選択ですね

ただ、始めの内は一般的な配分にしてみて、慣れてきたらいじってみると良いと思います

他にも何かあればお気軽にどうぞ
答えられる範囲かつ私個人の考え方でお答え致します

はじめまして

ヴァンガードを始めようかと思うのですが デッキ枚数とかグレードカードを何枚とか教えてくれませんか?

お役に立てたならなにより

拙いルール説明でしたが、お役に立てたなら私としても嬉しい限りです
ここにない事などで困ったことなどあればまたいつでもお気軽にどうぞ
答えられる範囲内の質問であれば返答させていただきます

ルールが分からなくて困っていたけどこのサイトで助かったよありがとうございます

こんなんで良ければ

初コメありがとう!
基礎があって、応用がありますからね。むしろこういう事はこれからも続けていくべきなのかな、とも思いました。

リンク、こちらからも貼らせていただきますね~

ありがとう!

こちらでは初コメさせてもらいます。やっぱり基礎って大事だよね!要望に応えてくれてありがとう~!
追伸:うちのブログからリンク貼らせてもらったよー
プロフィール

歩兵

Author:歩兵
当ブログ管理人の歩兵です。
名前とプロフ画像は他所でも使ってたりする手抜き。
現在、地区予選に向けてモチベーションを上げているところ。
割と迷走しています。
ご意見・ご感想など苦情も合わせて常時コメント欄にて受け付けております。
メールフォームも合わせてご利用いただければと思いますのでお気軽にどうぞ。
リンクはフリーです。相互リンクは連絡後、問題なしと判断すれば喜んで引きうけさせていただきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カウンター
FC2ブログ ランキング

FC2Blog Ranking

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
3298位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
カードゲーム
247位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。