スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヴァンガード講座・用語編

はい、ということで今回は基本的によく用いられる用語の説明にやってまいりました
面倒くさい前置きはほどほどに追記にて早速用語の説明に入らせていただきます
・デッキ
   全部で50枚のカードの集まりでこれがなければ始まりません(フラッシュファイト時は25枚)
  以前にも解説した通り、トリガーが16枚ないとデッキは成り立ちません
  また、同名カードは4枚までというルールも守り50枚の仲間を組み合わせて作り上げる
  ゲーム中は主に山札と呼ばれることになり、この山札からカードを使う事でゲームを進める

・ユニット
   場に出ているカード一枚一枚の事をこのように呼びます

・ヴァンガード
   フィールド中央列前衛に位置するカードの呼称です
  このヴァンガードのアタック時のみドライブチェックが許されています

・リアガード
   ヴァンガードと共に攻撃する仲間の事をこのように呼びます
  出せる数は左右の列に2枚ずつ(前後に分ける)とヴァンガードの後ろの1枚の合計5枚です

・コール
   メインフェイズ中に行える動作でヴァンガードのグレード以下のユニットを手札から好きな数出せます
  既にカードが存在するリアガードサークルに出す場合は先に存在するユニットを退却させて出すことが可能
  これを主に上書きコールや圧殺コールと呼ぶ

・ライド
   ライドフェイズ中に行える動作で手札から1枚選んで今いるヴァンガードの上に重ねて出す行為
  ただし、今までいたヴァンガードとグレードが同じか1つ上のグレードのカードしか置けない点に注意
  なお、その際にもしもヴァンガードがレストしていた場合はスタンドした状態でライドする

・ドロー
   山札の上からカードを1枚直接手札に加えること
  相手に見せないで加える行為のためドライブチェックとドローとは別の扱いになる

・ドライブチェック
   ヴァンガードの攻撃時に行う動作
  山札の1番上のカードを相手にも見えるようにして確認しその後手札に加える
  グレード3のヴァンガードの場合これを2回行う(ツインドライブと呼ぶ)

・ダメージゾーン
   相手から自分のヴァンガードにダメージを受けた際、山札の一番上のカードをここに置く
  ここのカードが6枚になったプレイヤーはそのゲームに敗北する
  基本的には一度のダメージでは1枚だが、クリティカルトリガーなどによって2枚置く場合もある
  後述のカウンターブラストと密接な関係にある

・ダメージチェック
   ダメージゾーンにカードを置く際、先に相手にも見えるようにカードを公開する
  この行為の事をダメージチェックと呼ぶ(その際にトリガーを確認するのだが、それは後述)
  ダメージチェックを終えたらそのカードはダメージゾーンに表向きで置かれる

・トリガー
   ドライブチェックとダメージチェックの際、カードの右上にアイコンが確認される場合がある
  これをトリガーと呼び、現段階ではクリティカル・スタンド・ドロー・ヒールの4種類が存在する
  このトリガーが確認された際にはそれぞれのトリガーの効果発動させることになる
  通常のドローではトリガーの効果は発動しない点に注意

・クリティカルトリガー
   ドライブチェックでこのトリガーを引いた場合、自軍ユニット1体にパワー+5000を与える
  さらにクリティカル+1も与えることが出来、クリティカルが+1されたユニットの攻撃が相手ヴァンガードにヒットした場合、相手はダメージチェックを2度行う
  +5000とクリティカル+1は別々のユニットに与えても良い
  また、ツインドライブなどによって2枚以上クリティカルトリガーが出た際に重ねがけをすることも可能
  ダメージチェックで出た際にも同様の効果を受けることができる(ただし、クリティカル+1は攻撃時のみ効果を発揮するため+5000しか効果がないも同然である

・スタンドトリガー
   アタックを終えるなどして横向きになっているユニットを1枚縦向きに変える効果と自分のユニット1体にパワー+5000する能力を持つ
  上記2つの効果はクリティカルトリガー同様に別々のユニットに効果を適用することが可能
  この効果で縦向きになったユニットは再び横向きにすることで攻撃が可能になる
  同じターン中に2枚以上出た場合、パワー+5000を重ねがけできる事はクリティカル同様である

・ドロートリガー
   自分のユニット1体にパワー+5000する効果と山札から1枚ドローする効果を持つ
  同じターン中に2枚以上出た場合のパワー+5000が重ねがけ可能な事はクリティカルトリガー同様である
  ツインドライブ中の1枚目でこのトリガーが出た際、2枚目のドライブチェックより先にカードをドローする点に注意していただきたい

・ヒールトリガー
   このカードが出た時に相手と自分のダメージ数を比較し、自分のダメージが相手のダメージ以上であれば自分のダメージゾーンからカードを1枚選びドロップゾーンに送る
  ダメージチェックでこのカードが出た場合、枚数を比較する時にこのカード自身は枚数に含めない点に注意
  それと相手とダメージ数が同じ場合にもダメージゾーンからカードを1枚ドロップゾーンに送る点にも注意したい
  ちなみに、この行為によってダメージゾーンからカードを取り除く事も回復と呼ぶ
  同じターン中、2枚以上出た場合のパワー+5000が重ねがけできるのは他トリガーと同様である

・レスト
   ユニットがアタックを宣言した際に行う行動で選んだカードを横向きにすることをこのように呼ぶ

・スタンド
   スタンドフェイズにて行う行為で自分の場のレストしているカードを縦向きに直すことをこのように呼ぶ

・ブースト
   後衛のユニットが行える行動の一つで自らをレストすることで前衛にいるユニットに自分の持つパワーを加算してアタックすることを可能にする
  ただし、この行動は現在ではグレード0とグレード1のユニットしか行う事ができない
  また、ブーストは同じ縦列にいるユニットにしか行えない事にも注意して欲しい

・インターセプト
   前衛にいるユニットをガーディアンサークルに移動してガードを行う動作
  その際にヴァンガードにパワーを加算する数値は通常のシールド値と同様である
  ただし、この能力を持つのは現在ではグレード2のユニットのみである

・ツインドライブ
   ヴァンガードサークルにいる時に効果を発揮する能力
  通常1度のみのドライブチェックを2度行う(トリガーの処理は1枚ずつ行い、2回目のドライブチェックはトリガーの効果を発動した後に行う)
  現在ではグレード3のユニットのみの能力である

・ガーディアンコール
   ガーディアンサークルと呼ばれるヴァンガードとヴァンガードの中心にある特殊なフィールドにユニットをコールする行為である
  相手からの攻撃を守る際に行う行動でその際、カードの左側に書いてある数字をアタックの対象となったユニットのパワーに加算してバトルを行う
  通常のコールと同様にヴァンガードのグレードより上のユニットは通常このガーディアンサークルには出せない点に注意(ただし、グレード1のヴァンガードでもグレード2のリアガードが前衛にいればインターセプトによってグレード2がガーディアンとなることは可能である
  また、手札がある限り何枚でも出すことが可能である
  バトルが終了するたびにこのガーディアンサークルのカードはドロップゾーンに送られる(ただし、能力によってソウルに送られるカードなども存在する)

・ソウル
   ヴァンガードの下にあるカードをこのように呼ぶ
  後述のソウルブラストのコストとなる

・カウンターブラスト
   ダメージゾーンに表向きになっているカードを裏向きにして払うコスト
  アイコンについては公式ページやプレイブック、ルールブックを参考にしていただきたい

・ソウルブラスト
   ソウルに溜まったカードをドロップゾーンに送ることで払うコスト
  アイコンについては公式ページやプレイブック、ルールブックを参考にしていただきたい

・ソウルチャージ
   ユニットの能力などによって行われる行為を一般的にこのように呼ぶ
  山札の1番上のカードを1枚ソウルに加える

・スペリオルコール
   ユニットの能力などによってリアガードサークルにコールする事をこのように呼ぶ
  その際、コールするユニットのグレードは指定がない限りはヴァンガードのグレードと関係なく行える
  (ヴァンガードがグレード1でもグレード2のリアガードを出す事も可能)

・スペリオルライド
   ユニットの能力などによってライドする事をこのように呼ぶ
  なお、その際にもしもヴァンガードがレストしていた場合はスタンドした状態でスペリオルライドする

などなど基本的に使われる用語については以上でしょうか
始めたばかりの方が慣れ親しんでる方とやった時に少し混乱するのではないかと解説させていただきました
他に抜けているもの、分からないものなどありましたらコメント欄にて補足、質問していただけると助かります
私も人間なので多少のミスは許してやってください
とはいえ、殆ど公式サイトなどで乗ってると思いますけどね←

ではでは、今回は以上です
少しでもヴァンガードファンの方が増えてくださればと思います
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

歩兵

Author:歩兵
当ブログ管理人の歩兵です。
名前とプロフ画像は他所でも使ってたりする手抜き。
現在、地区予選に向けてモチベーションを上げているところ。
割と迷走しています。
ご意見・ご感想など苦情も合わせて常時コメント欄にて受け付けております。
メールフォームも合わせてご利用いただければと思いますのでお気軽にどうぞ。
リンクはフリーです。相互リンクは連絡後、問題なしと判断すれば喜んで引きうけさせていただきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カウンター
FC2ブログ ランキング

FC2Blog Ranking

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
4052位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
カードゲーム
281位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。